静岡県静岡市でおすすめの包茎手術クリニックはこちら!

重度の真性包茎で癒着する原因とは?予防・改善に包茎手術が有効

2019/03/08

真性包茎でも人によって軽度は異なり、重度のものなると亀頭と包皮が癒着するケースも少なくありません。
癒着を回避するには、包茎手術で亀頭が露出しやすい状態にする方法が効果的です。
今回は真性包茎で癒着が起きる理由は改善方法についてご紹介しましょう

癒着が起きてしまう原因とは?

癒着が起きてしまう原因とは
重度の真性包茎の場合、包皮輪のサイズがわずか数ミリ程と小さいことがあります。
そうなると亀頭を外に出すことができず、亀頭と包皮が長く接触した状態が続き、次第にくっついてしまいます。
癒着すれば皮をずらしても動くことはなく、亀頭の先端も見えない状態になるでしょう。
亀頭と包皮が癒着する原因は、包皮輪が狭すぎる影響で恥垢が溜まり、その上取り除くことが難しいからです。
また、重度の真性包茎は尿が溜まったり内部で出血を起こしたりするリスクもあり、それらもくっつく原因になる可能性があります。

癒着で起きるリスクについて

癒着で起きるリスクについて
真性包茎で癒着が起きると恥垢を溜め込んだ状態となるので、衛生的に良くありません。
更に、雑菌が繁殖するので悪臭を放つ原因となるでしょう。
他にも痛みや出血を伴う恐れがあります。
無理に亀頭と包皮を引き離そうとすれば、皮膚が裂けて傷ができてしまいます。
そこに雑菌や性病の原因となるウイルスが傷口から侵入する恐れがあります。
真性包茎の場合、性病のウイルスも人よりも倍の繁殖となっている可能性があるので、むやみに剥がす行為は危険です。

癒着しているのか確認する方法
癒着しているのか確認する方法
真性包茎で亀頭がほとんど見えず、痛みを感じる場合は癒着が進んでいる可能性があります。
ただ、度合いは人によって異なるので、深刻な状態に至っていない場合もあります。
ここからは癒着しているかどうか、確認する方法をご紹介しましょう。

・水を包皮輪に流す
水道から少量の水を出し、包皮輪から中に流し入れてください。

・包皮が膨らんでいるか確認
亀頭から包皮の間に水が入り込み、包皮が膨らんだ状態なら心配ありません。
逆に膨らまなかったり、そもそも水が入らなかったりした場合は癒着が進んでいる可能性があります。

無理のない範囲で動かして改善する

癒着を起こしている場合、無理に引き剥がすと切れて出血を伴います。
なので、無理のない範囲で引き離すようにしましょう。

・亀頭と皮の間を洗う
まずはお風呂にゆっくり浸かり、皮膚を温めて包皮を伸ばしやすい状態にします。
水やお湯を溜めた洗面器に亀頭を浸け、包皮輪を伸ばしながらお湯を内部へ浸透させましょう。
次第に溜まった恥垢や汚れが出てくるので、引き剥がしやすくなります。

・優しくマッサージをする
亀頭に水が浸透したら亀頭周辺を優しくマッサージしましょう。
強い力加減だと負荷をかけすぎて切れてしまうので、くっついている部分を優しくずらして離すイメージで行いましょう。

1日で全て剥がすことはできないので、毎日少しずつ続けて引き剥がしていきましょう。

包茎手術で予防をしよう

包茎手術で予防をしよう
亀頭と包皮が接触しやすいことが癒着の原因なので、接触を少なくすることが効果的な予防策です。
接触を少なくする方法として効果的なのは、包茎手術になります。
包茎手術をすれば憧れのズル剥け状態に改善できるので、洗いやすく恥垢を溜め込みにくい環境に整えられます。
清潔が保たれればくっつきにくくなるので、痛みや出血のリスクが減り、また時間をかけて引き剥がす手間もなくなります。
見た目が良くなり、清潔感も感じさせられるので、メリットが大きい治療と言えるでしょう。
また、皮がむけやすくなるので、すでにくっついている方も改善しやすくなります。

くっついた亀頭と包皮は自分でも剥がせますが、無理に剥がす方法が好ましくありません。
その状態を生み出さないためにも、包茎手術による予防に徹底することが望ましいです。
静岡には数々のクリニック・医療機関があり、包茎手術に対応しているところもたくさんあります。
包茎にお悩みの方は手術方法や料金などを確認し、静岡で実績が多いクリニック・医療機関に相談してみてはいかがでしょうか?

厳選クリニック3院